笑顔の女性

雨の日は自宅にデリヘル嬢を呼んで思いっきり楽しもう

デリヘルは残り時間を把握しながら遊ぼう

デリヘルでは60分コースや90分コース、120分コースの利用者が多いです。時間は長い方が焦らずに遊べるため、懐に余裕がある時は90分や120分のコースを選ぶと良いです。また、デリヘルでは残り時間を把握しながら遊ぶのがコツです。その方が自分の中のプランを実現した体験にできるからです。デリヘルでの時間は嬢が計ることになっています。
携帯電話やスマートフォンのアラーム機能を利用する場合やストップウォッチを利用する場合が多いです。嬢が時間の計り始めた際の時刻は男性側もきちんと把握しておきます。時間がたっぷりとあるコースを選んだ場合は、残り時間に対してそこまで敏感にならなくても良いです。しかし、短いコースを選んだ場合はすぐに終了時刻を迎えてしまうので、時間にはシビアになるべきです。
嬢は残り時間によってトークの時間やプレイの内容を考えています。そのため、長いコースを選んだ場合、トークを引き延ばしてプレイの時間を短くされるケースもあり得ます。これではプレイを長く楽しむという希望を満たせずに終わってしまいます。そんな時に男性側が残り時間を把握していれば、トークを切り上げてプレイに入るように促せるため、嬢が時間を図り始める瞬間は見逃し厳禁です。

自宅でデリヘルを楽しむときのポイント

デリヘル最大の特徴は、赤の他人の女性をいきなり自分の部屋に連れ込めるところにあります。ナンパで成功したケースにしたって、喫茶店やカラオケなどを何件か梯子してからが関の山です。電話をかけて直ぐに自宅まで呼ぶことができるのはデリヘルくらいしかありません。とてつもなく便利に感じるデリヘルですが、利用の際に気をつけておくべきポイントがいくつかあります。少なくとも、サービスを受ける部屋と浴室だけは掃除、整理、整頓をしておくようにしましょう。
自身がお客だからといって、部屋の中が散らかっていいわけではありません。部屋にデリヘル嬢を招待するのはお客です。自分の彼女を初めて自宅に呼ぶときみたいに、丁寧に対応する必要があります。サービスはベッドの上で受けることになります。ベッドサイズがあまりにも小さいと、デリヘル嬢の作業が大変です。小さめのベッドよりも大きめのベッドのほうがいいでしょう。浴室も2人の人間が一緒に入れるくらいのスペースが必要です。
ビデオカメラ等を使った盗撮は行ってはいけません。1対1のコースを頼んだのに、3人も4人もお客が待ち構えているような状況を作ってはいけません。各デリヘル店には、これは絶対にしてはいけないというルールがいくつかあります。注文するときには、このルールをきちんと確認するようにしましょう。

雨の日はデリヘル

雨が多い梅雨の時期になると、外に行きたくても外出できないことが増えてしまいます。アウトドアの趣味が多い男性は、何かとストレスが溜まる時期でしょう。登山に行ったり、スポーツをしたりするのは、やはり好天の元で行くから楽しいということもあります。やはり雨の日は雨の日なりの楽しみ方があるのではないでしょうか。
例えば「デリバリーヘルス」を利用してみましょう。ネットを経由してデリヘル情報を網羅したデリヘルのポータルサイトをチェックしてみましょう。自宅で利用できるデリヘル店はどのくらいあるでしょうか。たくさんある場合は、自分が利用したいお店を探してみましょう。多くのデリヘル店は女性のタイプでお店作りをしています。
人妻ばかりを集めたデリヘル店や、若くて綺麗な女性を集めたデリヘル店もありますので、利用したいお店を探しやすいと思います。気に入ったお店があったら、そのお店に電話を掛けてみましょう。その時に自分の好みのタイプをスタッフに伝えたり、サイトをチェックして指名したい女性の名前を伝えると良いでしょう。
後は女性の到着を待つだけです。雨の日でも部屋の中にいながら、エッチなサービスを楽しめます。雨の音を聞きながらのエッチなプレイはきっと、梅雨のわずらわしさを忘れさせてくれるでしょう。

TOP